積み重ねてきた正しい判断が生んだ "The SHOT"

残り11秒の勝負を決めたこの場面。試合後、キングス桶谷 大HCは事細かに振り返った。

 

「最後は隆一に託すのと、AD (アレン・ダーラム)のボールピックという事を確認しました」

「自分たちのファウルも混んでたので、無理にオフェンスリバウンドにいってファウルで相手のフリースローには絶対にしない事」

「ただ、そこで隆一が『正しい判断』をした」

 

「ボールピックをしようとした時に(ダーラムをマークする)トラビス選手がかなりタイトな所に出ていて多分、トラップを仕掛けようと守っていて、それを避けて隆一が『自分(の判断)』で行く方向を変えて」

 

「トラップに引っかかるとシュートも打てなく終わる可能性もあったんですけど、シュートをちゃんと打った」

 

「そのリバウンドを、ドゥエインがファウルをしないでちゃんと取って」

 

「そして、プットバックに繋がった。」

 

空中で試合終了のブザーを聞いたボールは、そのままリングを通過していった。

その直後、沖縄アリーナは大きく揺れた。

 

最終スコアは、72 - 70。キングスはついにセミファイナルの壁を破り、『B.LEAGUE FINALS』の舞台である東京体育館行きを決めた。

"The SHOT"を決めたドウェイン・エバンスは勝利の雄叫びをあげて喜びを爆発させた。

 

おすすめの記事