『夢のアリーナ』の完成形

この日の試合が終わって、ある人がこう呟いた。『夢のアリーナ』の完成形だ、と。

 

昨季2021年4月、琉球ゴールデンキングスのホームアリーナとして沖縄アリーナは完成した。建設計画時からキングスが大きく関わり、完成後もキングスの関連会社である沖縄アリーナ株式会社が指定管理者となり運営を担っている。

 

沖縄アリーナの開業前、筆者が琉球ゴールデンキングス木村達郎社長に沖縄アリーナにかける情熱を聞いた時、木村社長はこう話してくれた。

「僕らの仕事って、アリーナに行ってきっと残るであろう想い、原体験みたいなものを作っていく事なのかな。」

 

この日、この場所にいた子ども達はきっと覚えているはずだ。ボールがネットを揺らした瞬間、アリーナ中に響き渡った『熱』を。それが笑顔の原体験となって、次の世代に受け継がれていく。

 

琉球ゴールデンキングスが目指す頂点まで、あと2つ。

 

 

おすすめの記事